モチベーションの保ち方は?地道にボディメイクを行うには。

筋トレ

この記事は…

  • 筋トレを長続きするか、不安に思っている方
  • 筋トレを始めて数ヶ月、心が折れそうになっている方

に、オススメです。

 

 

「こんな身体になりたい!」

「体重を◯◯kgまで落としたい!」

 

誰しも何かしらの目標を持って筋トレやダイエットを始めたりするかと思います。

 

しかし、筋トレの効果は1日2日で表れるものではありません。

実際にやったことある方なら、痛いほどわかりますよね。(笑)

 

筋トレは楽ではありませんが、辛いことを乗り越えて得られるメリットは莫大なものであり、

続けている身からすれば、やったほうが絶対に良いと言える趣味の1つです!

 

メリット・デメリットについてまとめた記事はこちらから。

 

筋トレ歴2年半の僕が、筋トレの魅力を語る。
この記事は… 筋トレに興味があるけど、まだ始めていない方 筋トレが長続きするか、不安に思っている方 に、オススメです。 運動不足が気になる方、たるんだ身体を引き締めたいと思っている方、 ジム...

 

辛く地道な筋トレを長続きさせるには、モチベーションを保つことは必須だと思います。

 

そこで本記事では、私が実践しているモチベーションの保ち方を紹介します!

 

筋トレ=苦行?意識を変える3つの方法

 

筋トレを続けている人はドM、修行僧と思われがちですが、自分では毎日地獄のような生活を送っているとは思わず、むしろ趣味の1つとして楽しんでいます。

 

筋トレに対する意識を変えることで、そもそも長続きさせなくてはいけないという考えは消え、日常の一部となります。

 

1. 簡単な目標設定をする

 

 

いきなり高すぎる目標を設定すると、達成できなかった時に「やっても意味ないんだ」と思い込んでしまい、長続きさせるのは難しいでしょう。

 

小さい目標でもコツコツと達成することで、確実に努力が報われている満足感に繋がり、「やればできる!」という自信に繋がります。

 

達成したらまた次の目標、また次…としていれば終わりは来ません。

 

不思議なものですが、やればやるほど自分の理想は高くなっていき、気づいたら始めた頃より遥かに高い理想を目指していることになると思います。(笑)

 

個人的な筋トレの良い点は、必ず努力は報われるという点だと思います。

 

コツコツ努力すれば必ず身体は変化してきますし、1年間続けたのに全く変わっていないということはあり得ないのです。

 

2. ボディビルやフィジークなど、著名人のSNSをフォローする

 

大会に出て結果を残している方々は、色々な意味で凄まじいです。

 

身体が常人離れしているのはもちろんですが、そのレベルまでにもっていくまでの努力も尋常じゃありません。。

 

私はそんな方々のSNSを見ることで、「自分ももっと頑張らなきゃ!」と刺激をもらっています。(笑)

 

そこまでのレベルを目指していない方でも、頻繁に目にすることでモチベーションの向上には繋がると思います!

 

YouTubeで筋トレ解説動画や、食事のメニューを公開している方も多いので、動画からも知識を学べます。

 

筋トレ初心者が知っておくべき5つの事実

View this post on Instagram

海外でも戦える背中作り😁

A post shared by Shun Kaneko (@kanekinfitness) on

Edward Kato (エドワード加藤) on Instagram: “スポルティックまであと2日🔥🔥🔥🔥 スライドすれば3日間のスケジュールが細かく書いてあるからチェックしてね🙇‍♂️みんなと会えるの楽しみにしてます💪😎”
5,149 Likes, 7 Comments - Edward Kato (エドワード加藤) (@edward_kato_fitness_jp) on Instagram: “スポルティックまであと2日🔥🔥🔥🔥 スライドすれば3日間のスケジュールが細かく書いてあるからチェックしてね🙇‍♂️みんなと会えるの楽しみにして...

 

3. ジム友達を作る

 

 

1人ではなかなか辛い筋トレも、一緒に行う友達がいればモチベーションは高くなります!

 

周りに筋トレをしている友人がいる方はいいですが、そうではない方もいるでしょう。

そんな場合は、少しハードルは高いかもしれませんが、ジムで他の人に声をかけてみましょう!

 

いきなり「一緒にトレーニングしましょう!」と声をかけるのは怪しい人と思われるかもしれないので、「補助お願いしてもいいですか?」とか、ジムのトレーナーさんと話したりするのが良いかもしれません。

 

トレーニーの方々は見た目もゴツく怖いと思われがちですが、皆少数派というのは自覚していますし、優しい方は多いです(笑)

 

ジムにいるだけで、筋トレという共通点があるわけですから、話は弾みやすいです!

 

まとめ

 

 

毎日毎日、嫌々ジムにいくのは辛いですよね。

 

  1. 簡単な目標作成
  2. 目標の人物を日頃からチェックする
  3. 誰かと一緒に頑張る

 

この3点を意識するだけで、筋トレへのネガティヴイメージは減り、ジム通いが習慣化すれば行くのが当たり前という感覚になります。

 

嘘かと思うかもしれませんが、本当です。(笑)

 

思うような結果が出ずにジムをやめようか迷っている方、せっかく続けた努力は無駄にはなりませんので、コツコツと続けていきましょう。

 

千里の道も一歩から、です。

常に理想をイメージしながら、一緒に頑張りましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました